Namespaces

Variants
Actions

Please note that as of October 24, 2014, the Nokia Developer Wiki will no longer be accepting user contributions, including new entries, edits and comments, as we begin transitioning to our new home, in the Windows Phone Development Wiki. We plan to move over the majority of the existing entries over the next few weeks. Thanks for all your past and future contributions.

リモート・デバイス・アクセス(Remote Device Access)

From Wiki
Jump to: navigation, search
Article Metadata
Compatibility
Platform(s):
Symbian
Article
Created: masatoshi (27 May 2008)
Last edited: hamishwillee (08 May 2013)

オリジナル英文:Remote Device Access

リモート・デバイス・アクセス(Remote Device Access)は、RDA とも呼ばれ、開発者がインターネット経由で、アプリケーションを様々なSymbianベースのノキア端末上で遠隔テストできるようにします。現在、15モデル合計20端末が利用可能です。Nokia Developer のメンバーならば、利用は無料です

Nokia Developer's Remote Device Access site

Access the service

RDA for dummies

Contents

RDA 詳細

Structure small.jpg

以下は主要機能です:

  • 端末へのアプリケーションのインストールと実行。.sis/.sisx と.jar ファイルをインストールできます。
  • ファイル転送クライアント。 端末とPC間でファイルを転送できます。
  • 端末のリブート("softboot")。それぞれの使用後に、端末は自動的にリブートされます。
  • スクリーン方向の変更。この機能をサポートする端末で利用できます。
  • 色度と解像度の変更。反応速度が向上します。
  • デバッグ・ログ。テキスト・ファイルの表示やSymbian OS のパニックの取り込み。


何がテスト可能か:

  • Symbian やJava、Flashliteのアプリケーション
  • Python やOpen C - 最初に必要なプラグインをインストールする必要があります。
  • その他のコンテンツ、テーマなど。
  • ウェブ技術、例えばWidgets やその他ウェブアプリケーション/ページなど


ネットワーク接続:

RDA端末は、データSIMカードが刺さっています。多くの端末で、WLANが利用可能です。開発者は以下のことをテストできます:

  • インターネットにアクセスするために、定義済みのRDA (WLAN)とElisa Internet access point を使ってのデータ・サービス
  • 着呼とSMSの受信。開発者は、Symbian Signed/Java Verified のテスト基準に書かれている、着呼による中断をテストできます。
  • その他のネットワーク・アクセス(発呼やSMS/MMSの送信など)は、出来ません。
  • (Nokia N95等に搭載の)GPSは利用できません。端末は、信号強度が制限されている実験室にあるからです。しかし、位置シミュレーション・ツールSimulationpsy を使って、RDAで位置ベース・サービスをテストできます。

RDA の始め方と典型的な問題

必要なもの:

  • Nokia Developer のユーザ・アカウント
  • Java webstart。Java Runtime engine に付属しています。最新バージョンが必要です:http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
  • 単独のウェブ・ブラウザ、Mozilla Firefox やInternet explorer です。
  • インターネット接続 ポート80番と1200 番のoutgoing を開放してください。


典型的な問題:

- Java webstartアプリケーションを実行しようとするとエラー

  • Java webstart がインストールされていることと、ブラウザがJNLPファイルとそれを関連付けていることを確認してください。
  • ファイアウォール等を確認してください。ポート80番と1200番が塞がれていないことを確認してください。ポート1200番は、いくつかの設定ではデフォルトでは塞がれてきます。

- 認証(Authentication)問題:

  • コントロール・パネル->java->インターネット一時ファイル に行き、キャッシュを削除してください。ブラウザ・キャッシュも同様にしてください。もし、掲示板(discussion board)等にログイン可能ならば、RDAでもログイン出来るはずです。
  • 既知の問題として、RDA/RPM ログイン用のユーザ名の最長が16文字という問題があります。Nokia Developer のCAS認証(webUI で使用されます)は、もっと長いuserame でも動作します。webUI(予約システム)にログインできても、devUI(Javaクライアント)ではできません。"invalid username/password" エラーが表示されます。会費策としては、新しい短いusernameのNokia Developer アカウントを作成してください。

- 更なる問題 - RDA管理者に連絡してください


Tips & tricks

  • 同時に2台使えます:"Start RDA"ボタンを2度押し、RDA Java webstartクライアントを2つ起動するだけです。これのユース・ケースとしては、2台間でのbuetooth 通信があります。
  • 使用後にインストールしたアプリケーションを削除することを推奨します。これを行うもっとも簡単な方法は、端末のアプリケーション・メニューに行き、アプリケーションにカーソルを当て、"c"-ボタンを押して、アンインストールを開始することです。S60 2nd Editionの端末の場合は、アプリケーション・マネージャにを開き、そこからアプリケーションを削除する必要があります。
  • アプリケーション・エラーのデバッグを少し簡単にするために、デバッグ・データをテキスト・ファイルに書き出し、"View debug log-console"機能を使ってリアル・タイムにそれを表示することが出来ます。例えば、debug.txt というテキストファイルを、端末のc:\ ドライブのルート・ディレクトリで使用している場合、単に"Attach new debug-file" をクリックし、アドレス欄に"c:\debug.txt" と書くだけです。

リモート・デバイス・アクセス(RDA) FAQ

Q: フォーラム・ノキアのリモート・デバイス・アクセス(RDA)サービスとは何ですか?

A: フォーラム・ノキアのRDAサービスは、開発者に、いくつかのSymbainプラットフォーム端末に遠隔アクセスを提供し、インターネット経由で実機でアプリケーションのテストをできるようにします。


Q: 何故、フォーラム・ノキアはリモート・デバイス・アクセス(RDA)サービスを提供するのですか?

A: Webベースのアクセスは、開発者にとって、モバイル・アプリケーションのテストを簡単にし、端末を手にする必要なく、アプリケーションの開発プロセスのいつでもノキア・プラットフォーム端末を使えるようにします。


Q: どのように、リモート・デバイス・アクセス(RDA)サービスは動くのですか?

A: RDAサービスは、端末保管庫とディスクトップ・クライアント・アプリケーションからなります。クライアント・アプリケーションは、端末のスクリーンとキーパッド機能へのアクセスを提供し、アプリケーションのインストールを可能にします。アプリケーションをノキア・プラットフォーム端末でテストするために、開発者は、RDAアカウントとWebブラウザが動作するPCが必要なだけです。複数のサービスを同時にしようでき、ユーザは、特定の端末を選び予約できます。


Q: 誰が、リモート・デバイス・アクセス(RDA)にアクセスできますか?

A: RDAサービスは、フォーラム・ノキアの登録メンバーなら誰もが利用可能です。


Q: 開発者は、リモート・デバイス・アクセス(RDA)サービスをどうやって始めることが出来ますか?

A: ユーザは、https://sso.forum.nokia.com/login?service=http%3A%2F%2Fapu.ndhub.net%2F%3Fmethod%3Dcas を開き、フォーラム・ノキアのユーザ名でRDAシステムにログインします。ログイン後、予約画面(reservation view)を開きます。予約システムは、カレンダーのように動作します:開発者は、ある端末をいつまで使うかの予約をし、サービスの利用に進みます。詳細は、フォーラム・ノキアのサイトにあるマニュアルや、アプリケーションのヘルプを参照してください。


Q: リモート・デバイス・アクセス(RDA)サービスはいくら費用がかかりますか?

A: フォーラム・ノキアの登録メンバーは、無料で利用できます。


Q: RDAアプリケーションを実行しようとしたのですが、Javaのエラーが発生します。何をすべきですか?

A: もっとも典型的な問題は、Java runteime environment が古いか、無いかです。RDA Java webstart アプリケーションは、JRE 5.0 以降が必要です。ここからダウンロードしてインストールしてください。エミュレータやその他の目的のために古いバージョンを保持しておく必要があるならば、複数のバージョンのJREをインストールすることが出来ます。


Q: RDA端末からネットワークにアクセスできますか?

A: RDA端末には、データSIMカードが付いています。多くの端末でWLANも利用可能です:定義済みのRAD(WLAN)とElisa 印テーネット・アクセス・ポイントを使ってインターネットにアクセスできます。着信による割り込みをテストするために、着呼とSMSの受信も可能です。他のタイプのネットワーク利用(発呼や、SMS/MMS の送信など)は現在出来ません。

フォーラム・ノキア・ブログへのリンク


外部へのリンク


フォーラム・ノキアwiki の関連項目

RDA videos

This page was last modified on 8 May 2013, at 00:00.
288 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×