Namespaces

Variants
Actions

Please note that as of October 24, 2014, the Nokia Developer Wiki will no longer be accepting user contributions, including new entries, edits and comments, as we begin transitioning to our new home, in the Windows Phone Development Wiki. We plan to move over the majority of the existing entries over the next few weeks. Thanks for all your past and future contributions.

Adobe AIRアプリケーションをWeb Runtimeに移植する方法

From Wiki
Jump to: navigation, search
Article Metadata
Article
Translated:
By fnjwikimng
Last edited: hamishwillee (09 Dec 2011)


Contents

前提となる知識

  1. XML,HTMLの基本知識
  2. ZIPファイルの使用・作成の基本知識
  3. フォルダ・ファイルシステムの基本知識
  4. PCからS60端末にファイルを転送する方法

序文

巷には、多くの異なるWidgetテクノロジが存在していますが、その共通点の1つはJavaScript, HTML, XML, Flashなどといった共通のWebテクノロジを含み、名前を変えたZIPパッケージだということです。

ここでは、簡単な Adobe AIR アプリケーションを S60 Web Runtime に移植する方法を示します。

基本的な想定事項

本手法で想定することとして、AIRアプリケーションのコンテンツはモバイル機器に適したものであること、互換性のないJavaScriptを含まないことなどがあります。

手法

ZIPファイルの名前を変更しパッケージ化したWidgetは、以下に示すもので構成されます。

Manifestファイル

パッケージ中のコンテンツを記述している、軽量のフォーマットテキストまたはXMLファイルです。通常は、少なくとも以下のものを含みます。

  1. アプリケーションのキャプション(名前)
  2. アプリケーションアイコン(S60 Web Runtimeのものとは異なる)
  3. 初期ファイル(Initial file)の場所とファイル名
  4. ユニークID(Unique Identifier)

初期ファイル(Initial file)

アプリケーションが呼ばれる時に起動するファイル(HTML, XML, Flashのどれか)です。

アプリケーションアイコン

デスクトップ上あるいはWidget領域上(例.Apple Dashboard, Windowsサイドバー)でアイコンとして使われる、小さな画像です。

各Widget Runtimeは、独自のフォーマットを使用しています。W3Cが標準化を試みてはいますが。とりあえずここで行いたいことは、AIRパッケージのコンテンツを、それと類似した(S60 Web Runtime)wgzパッケージに簡単に再フォーマットすることです。

AIRパッケージの解凍(Unzipping)

解凍に使用するAIRパッケージについてですが、ここではこちらを使用します。

上記サイトから.airパッケージをダウンロードし、PC上の選択したフォルダに置きます。そして、解凍ソフト(どれでも構いません)を使用して解凍します。もし可能であれば、フォルダ構成を保持するようにしてください。

Windows XP PC上でWinzipを使用する場合の手順: Adobe AIRが既にインストールされている場合、.airファイルを右クリックして"Open with"を選択します。Adobe AIRがまだインストールされていない場合、.airファイルをダブルクリックします。そして、"Extract"を選択し、新たにフォルダを作成し、"Extract"をクリックしてコンテンツを解凍します。

Winzipが出す次のメッセージについては、無視してください。

Winzip warning message


info.plist Manifestファイルを作成する

.wgzファイルをインストールする時、システムはファイル名 info.plist のManifestファイルを検索します。それは、AIRにおける application.xml ファイルに相当します。ここでは、Web Runtime Manifestファイルを作成するためにAIRのデータを使用する方法を示します。

  • \META-INF\AIRフォルダにある、application.xmlファイルを開く
  • info.plistファイル用に、 こちらのテンプレートを開く

キャプションをコピーする

application.xmlファイル中にある、次の行を見つけます。

<name>funkyCalc</name>

そしてその値をinfo.plistにコピーします(下記コード中の"XXXXX"を置き換えます)

<key>DisplayName</key>    
<string>XXXXX</string>

IDをコピーする

application.xmlファイル中にある、次の行を見つけます。

<id>com.adobe.example.funkyCalc</id>

そしてその値をinfo.plistにコピーします(下記コード中の"com.xxx.xxx.xxx"を置き換えます)

<key>Identifier</key>       
<string>com.xxx.xxx.xxx</string>

初期ファイル名をコピーする

application.xmlファイル中にある、次の行を見つけます。

<content>libraryeffects/libraryeffects.htm</content>

そしてその値をinfo.plistにコピーします(下記コード中の"xxx.xxx"を置き換えます)

<key>MainHTML</key>
<string>xxx.xxx</string>

ここで、info.plist ファイルと、AIRパッケージから解凍した残りのファイルをルートフォルダに保存する必要があります。

アイコンを移動し、ファイル名を変更する

application.xmlファイル中にある次の行を確認し、アイコンファイルを見つけます。

<icon>
<image48x48>libraryeffects/thumbpng.png</image48x48>
</icon>

その画像ファイルと、AIRパッケージから解凍した残りのファイルをルートフォルダにコピーし、画像ファイルのファイル名をicon.pngに変更します。複数のアイコンファイルを使用している場合は、48ピクセルのアイコンを使用します。

Zip圧縮してパッケージを作成する

  1. 好みのパッケージングツールを使い、上記で移植したWidgetの [zip] ファイルを作成します。S60 Web Runtimeでは、Widgetコンテンツはzipファイルのフォルダ内にある必要があります。zipファイルのルート中のファイルではありません。
  2. 新しく作成したファイル(*.zip)のファイル名を変更(*.wgz)します。

パッケージをデプロイする

コピー&ペースト、Bluetooth、赤外線(Infrared)等を使用して、Widgetインストールパッケージを端末にアップロードすることができます。筆者が試した限りでは、Bluetoothを使い、ファームウェアアップデート済みのE90上でWidgetがインストールできています。(訳注:古いファームウェアバージョンでは、Web Runtime Widgetをサポートしていません)

コメント等がありましたら

コメントがありましたら、本記事のcommentタブを使用してコメントしてください。もし必要であれば、本記事をさらに編集するのも自由です。

This page was last modified on 9 December 2011, at 02:16.
266 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×