×
Namespaces

Variants
Actions

Devices コマンドの使い方

From Nokia Developer Wiki
Jump to: navigation, search
Article Metadata
Article
Translated:
By masatoshi
Last edited: hamishwillee (09 Dec 2011)

SDKを複数インストールしていて、コマンド・ラインからビルドする場合に、devices コマンドは特に有用です。これは、あるSDKでビルドするために必要な環境変数をセットします。

コマンド・プロンプトを開き、インストールされているSDKをチェックするには、次を入力します:

C:\> devices

例えば、次の結果が出力されます:

Image1.png

次はビルド・コマンドを実行する場合です:

bldmake bldfiles
abld build winscw udeb

デフォルトのSDKが使用されます - 別のSDKを選ぶには次を入力します:

C:\>devices -setdefault @device-identifier

ここで、device-identifier のフォーマットは、kitname:devicename で、2nd Edition FP3 SDK をデフォルトにセットするには、次のようにします:


Image2.png

長いdevice-identifier 文字列の入力を避けるために、各SDKに別名(alias)を付ける事ができます。このドキュメントの最初のスクリーン・ショットで見ることができ、3rd Edition FP1 SDK に3rdFP1の別名が付いています。別名を付けるには、次のコマンドを使います:

C:\>devices -setalias alias @device-identifier

次は、2nd Edition FP3 SDK にセットした例です:

Image3.png


あるコマンドや現在のウィンドウ・セッションのデフォルト設定を上書きできます。コマンド・ラインのデバイス・設定を上書きするには次のようにします:

C:\>bldmake bldfiles @3rdFP1
C:\>abld build winscw udeb

現在のコマンド・ウィンドウ・セッションの設定を上書きするには、環境変数EPOCDEVICE を設定します:

C:\>set EPOCDEVICE=3rdFP1

最後に、devicesコマンドのその他の機能を見るには、次を入力します:

C:\>devices -help
This page was last modified on 9 December 2011, at 06:12.
50 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×