Namespaces

Variants
Actions

Please note that as of October 24, 2014, the Nokia Developer Wiki will no longer be accepting user contributions, including new entries, edits and comments, as we begin transitioning to our new home, in the Windows Phone Development Wiki. We plan to move over the majority of the existing entries over the next few weeks. Thanks for all your past and future contributions.

Prototype JavaScript Libraryの使用:WRTアプリケーションにおける文字列操作

From Wiki
Jump to: navigation, search
Article Metadata
Code ExampleCompatibility
Platform(s): S60 3rd Edition, Feature Pack 2
S60 3rd Edition FP2
Article
Translated:
By morisawafnj
Last edited: hamishwillee (09 May 2012)

原文(英語): Use prototype javascript library : string manipulation in WRT application

Contents

概論

ご存知かもしれませんが、Prototypeは、クロスWebブラウザ対応の有名なJavaScriptライブラリです。Firefox, Safari, IE, Operaなどといった、現在よく知られたWebブラウザの大半をサポートします。また、最新バージョン(Prototype 1.6.0)では、Appleが提供するオープンソースWebエンジンのAppleWebKitもサポートします。

Nokia Web Browserは、S60プラットフォームのオープンソースWebKitの一部であるS60WebKit上で動いています。Nokia WRT(Web Runtime)は、このS60WebKitをベースにしています。

本トピックでは、Prototypeライブラリを使用した文字列操作の方法について示します。

Stringクラスを使用した文字列操作

prototype.jsライブラリ中のStringクラスには、多くの有用なメソッドがあります。Stringクラスのメソッド一覧を下記に示します。

blank, camelize, capitalize, dasherize, empty, endsWith, escapeHTML, evalJSON, evalScripts, extractScripts, gsub, include, inspect, interpolate, isJSON, parseQuery, scan, startsWith, strip, stripScripts, stripTags, sub, succ, times, toArray, toJSON, toQueryParams, truncate, underscore, unescapeHTML, unfilterJSON

上記の一覧において、次の関数が例題アプリケーションでテスト済です。

  • gsub(pattern, replacement) -> string

与えられたパターン文字列(pattern)の出現が全て、通常文字列、関数の戻り値、テンプレート文字列のどれかによって置き換えられた文字列を返します。pattern引数には、文字列または正規表現を使用できます。

  • escapeHTML() -> string

HTMLの特殊文字を、等価なHTMLエンティティに変換します(HTMLエスケープ)。

  • unescapeHTML() -> string

エンティティ形式のHTML特殊文字を、通常の形式にタグ付け、変換します。

Stringクラスの全リファレンスについては、Webサイト http://www.prototypejs.org/api/string をご覧ください。

本トピックのWeb Runtimeアプリケーションの例に、いくつかテスト事例があります。

  • 最初の事例は、正規表現を用いて簡単にgsub関数を使用する方法です。
  • 2番目の事例は、コールバック関数を用いてgsub関数を使用する方法を示してます。
  • 3番目の事例は、テンプレートクラスを使用して、フォーマット文字列を生成する方法を示してます。
  • 最後の事例は、HTMLタグを含む文字列をエスケープ/逆エスケープする方法を示してます。

最初の3事例のコードは、Webサイト http://www.sergiopereira.com/articles/prototype.js.html#Strings の例を流用しています。詳細情報については、こちらでご確認ください。

最後の事例については、テストコードについてここで少々説明します。 この例題WidgetのHTMLファイルでは、JavaScriptコードが生成した結果の表示に使う2つのプレースフォルダがあります。最初のは文字列変数中の元々のコンテンツを表示するために使い、もう一つは変数のエスケーブバージョンを表示するために使います。関連するソースコードを以下に示します。

HTMLコード:

<div id="aholder1">Holder1: <span id="holder1">This data will be replaced.</span></div>
<div id="aholder2">Holder2: <span id="holder2">This data will be replaced also.</span></div>

Javascriptコード:

// test case: escapseHTML
function testEscapeHTML()
{
var data = "<b>Hello, world!</b>";
 
$('holder1').innerHTML = data;
alert ($('holder1').innerHTML);
$('holder2').innerHTML = data.escapeHTML();
alert ($('holder2').innerHTML);
}
// test case: unescapseHTML
function testUnescapeHTML()
{
var data1 = $('holder1').innerHTML;
alert(data1.unescapeHTML());
var data2 = $('holder2').innerHTML;
alert(data2.unescapeHTML());
}

テスト事例は全て通ってます。Stringクラスの他のメソッドについては、各自でテストできます。

この次のトピックはオブジェクト作成の予定です。

サンプルをダウンロードする

本トピックのサンプルWidgetのダウンロード: File:PrototypeString.zip

端末やエミュレータにインストールする際は、拡張子.zipを.wgzに変更します。

最新バージョンについては、Webサイト http://code.google.com/p/prototypewrt/downloads/list でご確認ください。

その他の関連トピック

参照リンク

  • Prototype JavaScript Webサイト[1]
  • Prototypeの使用[2]
  • サンプルWRTアプリケーションのダウンロード [3]
This page was last modified on 9 May 2012, at 05:04.
181 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×