Namespaces

Variants
Actions

Please note that as of October 24, 2014, the Nokia Developer Wiki will no longer be accepting user contributions, including new entries, edits and comments, as we begin transitioning to our new home, in the Windows Phone Development Wiki. We plan to move over the majority of the existing entries over the next few weeks. Thanks for all your past and future contributions.

Symbian OS プログラムの始め方

From Wiki
Jump to: navigation, search
Article Metadata
Article
Translated:
By masatoshi
Last edited: hamishwillee (29 Aug 2012)

Contents

0.5: C++ の基本についての知識はありますか?


1: アプリケーションをテストするためのスマートフォンがありますか?

もし無くても、問題ありません。セクション3に進み、最新のSDK を選んでください。通常、SDK は新しいリリースの度に複雑になって行き、問題を解決するための大量の情報は、新SDK に関する情報とよりなっていくことに注意してください。
SDKをインストールすることで、作成したアプリケーションを、S60 シミュレータ環境でテストできるようになります。

2: フォーラム・ノキアの端末(電話機)情報ページにある端末情報を見ます。

  • もし、ドキュメントに"Developer Platform: S60 3rd Edition"とあるならば、その端末用のSDK は、S60 3rd SDK MR です。(これは、S60 3rd SDK の改良版です。)
  • もし、ドキュメントに"Developer Platform: S60 3rd Edition, Feature Pack 1"とあるならば、その端末用のSDKは、S60 3rd SDK FP1です。
  • もし、2種類の端末、"S60 3rd Edition" と"S60 3rd Edition, Feature Pack 1"があるならば、推奨されるSDKはS60 3rd SDK MR です。このSDKで作成されたアプリケーションは、(下位互換性により)両方の端末で動作するはずです。
  • もし、2種類の端末が、"S60 2nd Edition, Feature Pack X" と"S60 3rd Edition, Feature Pack X"の場合は、両方の端末のために、1つだけのSDKの使用は不十分です。バイナリとソース・コードに互換性がないためです。
S60プラットフォーム、既存のバージョン、およびその違いに関しての詳細は、こちらをご覧ください。



3: SDK のダウンロードページを開きます

しかし、まだSDKをダウンロードしないでください!
"Release note" セクションを見て、選んだSDKに対応するリリース・ノートをダウンロードして読んでください。SDKのリリース毎に違うバージョンのリリース・ノートがあるので注意してください。これには、サポートしているさまざまなツールセットに関する記述があります。決定する前に、これらを全て読んでください。
このドキュメントには次のことに関する記述があります:
  • インストールする必要がある、ActivePerlやJava 実行環境(Java Runtime Environment-JRE) 等のサードパーティ製のいくつかのソフトウェア
  • どのコンパイラがサポートされているか(いくつかは無料で、他は要ライセンス)
  • どのIDEがサポートされているか(いくつかは無料で、他は要ライセンス)
  • 既知の問題(インストール時の問題、既知のバグや制限など)
注意: これを記述している時点では、ノキア提供のツールやSDKは、マイクロソフトのウィンドウズ・ビスタ(tm)上で使用することを意図していません。開発者コミュニティによる非公式サポートが、このwikiにいくつかあります。例えば、Using Nokia SDKs and Tools on Windows Vista です。
どの構成が一番良いか調べるのは一度だけです。。。

4: 選択したSDKやツール、IDEをダウンロードします。

パッケージをインストールします(まず必須ツール、次にIDE、最後がSDK(s)です)。ツールの設定の調整に確信がないかぎり、ツールはデフォルトの場所にインストールしてください。
それぞれのツールが動作することを確認して(つまり、それぞれをコマンド・ラインから"-version" オプションを付けて実行します)、要求されるバージョンを満たすことを確認してください。(システムにこれらのツールが入っていないものがあるかも知れないので、それを見つけ、ステップ5を完了後に再評価してください。)
C:\>perl -version
 
This is perl, v5.6.1 built for MSWin32-x86-multi-thread
(with 1 registered patch, see perl -V for more detail)
 
Copyright 1987-2001, Larry Wall
 
Binary build 638 provided by ActiveState Corp. http://www.ActiveState.com
ActiveState is a division of Sophos.
Built Apr 13 2004 19:24:21
 
... snip ...
C:\>java -version
java version "1.5.0_05"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_05-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_05-b05, mixed mode, sharing)
C:\>mwccsym2.exe -version
 
Nokia Codewarrior C/C++ Compiler for Windows/x86.
Copyright (c) 2005, Nokia Corporation
All rights reserved.
Version 3.2.3 build 446 (Build 446)
Runtime Built: Aug 15 2005 08:07:54
注意: ノキア・コンパイラは、S60 SDKに含まれていません。Carbide.c++ やCarbide.vs に含まれています。しかし、コンパイラがインストールされても、デフォルトでは、コマンド・ラインでは使用できないでしょう。どうやってWINSCW プラットフォーム用にコマンド・ラインでビルド出来るようにするかについては、Carbide のドキュメントを参照してください。
C:\>arm-none-symbianelf-gcc.exe -v
Reading specs from ... snip ...
Configured with: ... snip ...
Thread model: single
gcc version 3.4.3 (release) (CodeSourcery ARM Q1C 2005)
C:\>armcc
ARM/Thumb C/C++ Compiler, RVCT2.2 [Build 503]
 
Usage: armcc [options] file1 file2 ... filen
Main options: ... snip ...

5: 理解したと確信するまで、SDKのドキュメントを読んでください:

  • Symbian OS とは何か?また、今までプログラミングしてきたOSと何が違うか?
  • モバイル端末のためのプログラミングが意味するもの(制約と機会)
  • OS の構造と、主な枠組み
  • コード規約
  • システム・エラー / パニック / リーブ(leave) と、それらの処理方法や記録方法
  • 実際の端末とSDKのエミュレータの違い
  • 構築(build)システムとツールについて。もっとも重要な"devices"コマンドについて知ってください。



6: 急ぎすぎです。。。セクション5に戻ってください!


7: ウィンドウズのスタート・メニューから、エミュレータを起動してください

さわってみて、どのアプリケーションが利用可能か、どうやって操作するのか、メニューにある"隠し(hidden)"オプションは何か、学んでください。ほとんど全てのことが、SDKのヘルプに記述されています。



8: これで、最初のアプリケーションを構築する準備が整いました:

ウィンドウズのコマンド・プロンプト・ウィンドウを開き、作業ディレクトリを%EPOCROOT%S60Ex (いくつかのSDK では、Series60Ex)にします。
もし、EPOCROOT が何なのかわからなければ、セクション5に戻ってください。
利用可能な例題(例えば、HelloWorld* バージョンの一つ)を選び、ディレクトリ構造を進んでください。選んだ例題で、さらに深いgroup フォルダに進みます。
コマンド・プロンプトで次のコマンド列を入力します:
…\group> bldmake bldfiles
…\group> abld makefile all
…\group> abld resource
…\group> abld build winscw udeb
…\group> epoc
言うまでも無く、コマンドを実行中にエラー・メッセージがあったならば、作業を止め、メッセージを確認して、ドキュメントを読み、必要ならばエラーを修正してください。現在の構築に影響が無いとわかっているならば、エラー・メッセージを魅し出来ます。全てがうまく行ったならば、最後のコマンドでエミュレータを起動し、アプリケーションをテストできます。
…\group> abld build gcce urel
…\group> makesis ..\sis\helloworld.pkg
最後の2つのコマンドで、ターゲット端末用のアプリケーションを構築し(セクション5に戻り、SDKとツールでサポートされているターゲットは何か見てください)、インストール・キット(sisファイル)を構築します。それを端末に転送する前に、署名する必要があるかも知れません。アプリケーションを端末にインストール後、テストします。



9: すぐにコーディングを始めたいですか? はやる気持ちをおさえてください! :)

最初に、hello world (や他の選んだ)例題を完全に理解することを確実にする必要があります。

ファイル・ブラウザ上のプロジェクト・ディレクトリを開き、その内容と構造を分析してください。ディレクトリの各ファイルの役割を完全に理解するまで、先に進まないでください。



10: これから、一人で進んで行きます。。。

。。。しかし、Symbian の開発者コミュニティは助けになるでしょう。

フォーラム・ノキアの掲示板にあるCarbide.c++ and CodeWarrior Toolsを見てください。
助けを求める前に、読んで読んで読んでください。。これらの投稿を見逃さないでください。Symbian OS C++ プログラミング)が、始めるにあたって非常に役に立つ本です。
問題を議論するためにこのフォーラムを利用できますが、"賢く(the smart way)" 利用してください。



This page was last modified on 29 August 2012, at 01:05.
159 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×