Namespaces

Variants
Actions

Please note that as of October 24, 2014, the Nokia Developer Wiki will no longer be accepting user contributions, including new entries, edits and comments, as we begin transitioning to our new home, in the Windows Phone Development Wiki. We plan to move over the majority of the existing entries over the next few weeks. Thanks for all your past and future contributions.

Archived:WRTアプリケーションでPrototype JavaScript Libraryを使用する

From Wiki
Jump to: navigation, search

Archived.pngArchived: This article is archived because it is not considered relevant for third-party developers creating commercial solutions today. If you think this article is still relevant, let us know by adding the template {{ReviewForRemovalFromArchive|user=~~~~|write your reason here}}.

Article Metadata
Compatibility
Platform(s):
S60 3rd Edition FP2
Article
Translated:
By morisawafnj
Last edited: hamishwillee (30 Apr 2013)

Contents

概論

ご存知かもしれませんが、Prototypeは、クロスWebブラウザ対応の有名なJavaScriptライブラリです。Firefox, Safari, IE, Operaなどといった、現在よく知られたWebブラウザの大半をサポートします。また、最新バージョン(Prototype 1.6.0)では、Appleが提供するオープンソースWebエンジンのAppleWebKitもサポートします。(またこれは、Safari WebブラウザのWebコアエンジンでもあります)

Nokia Web Browserは、S60プラットフォームのオープンソースWebKitの一部であるS60WebKit上で動いています。Nokia WRT(Web Runtime)は、このS60WebKitをベースにしています。

Web Runtimeアプリケーション開発で、このライブラリを使えるかどうかを尋ねた場合、一言で答えるならそれはYESです。 詳しい回答としては、「以下に示すこのライブラリのトピックで、それを紹介する」となります。

インストール

prototype.jsライブラリを使用するため、最初にライブラリをダウンロードする必要があります。そして、Widgetアプリケーションに組込みます。

prototype.jsをダウンロードする

最初に、こちらからprototype.jsをダウンロードします。次に、"javascript" もしくは別の名前のフォルダを、Widgetアプリケーションのルートフォルダ中に作成します。そして、prototype.jsファイルを、作成したフォルダの中に入れます。

prototype.jsをメインHTMLファイルに組込む

組込むための文法は、下記の通りです。

<script type="text/javascript" src="javascript/prototype.js"></script>

上記の部分コードを、メインHTMLファイル中の開始タグ(<head>)と終了タグ(</head>)の間に記述します。

主なトピック

一連の記事における主なトピックは、以下の通りです。

基本操作

本節では、Web Runtime Widgetアプリケーション中で、prototype.jsを用いた基本操作(ユーティリティ関数など)について示します。

文字列操作

本節では、prototype.jsを使用した文字列操作について示します。

オブジェクト作成

本節では、クラス、サブクラス、その他prototype.jsを使用した機能について示します。

Prototype UI

本節では、PrototypeをベースとしたPWC(Prototype Window Class)、あるいはPrototype UIライブラリを使用して、Web Runtime Widgetアプリケーション上で"Hello, world"ウィンドウを作成する方法を示します。

FormとAJAX(JSON)

本節では、Web Runtime Widgetアプリケーションでprototype.jsを使用したAJAXでのリクエスト作成、レスポンス処理の方法について示します。

その他の情報

各トピックに、Web Runtimeアプリケーションの例題がありますので、各自それを実行することができます。

それらのデモの最新バージョンについては、こちらのWebサイトでご確認ください。SVNクライアントを使用した最新のソースコードを確認し、プレビルドされたインストール可能なwgzパッケージをダウンロードすることができます。

結論

上記で示した通り、prototype.jsは、Web Runtime Widgetアプリケーションで使用できる強力なJavaScriptライブラリです。ここの一連のトピックでまだテストできておらず言及していない多くの機能、またその他のPrototypeベースのライブラリがあります。一例として、scriptaculousは有名なPrototypeベースのJavaScriptライブラリで、主にUIエフェクトに焦点をおいてます。これらのライブラリにより、Web Runtime上での開発がより容易になります。

参照リンク

  • Prototype Webサイト[1]
  • Scriptaculous Webサイト[2]
  • Prototype UI Webサイト[3]
This page was last modified on 30 April 2013, at 06:18.
352 page views in the last 30 days.

Was this page helpful?

Your feedback about this content is important. Let us know what you think.

 

Thank you!

We appreciate your feedback.

×